尾張旭市予防接種情報提供サービス

令和元年・43週~インフルエンザ、RS ウイルス感染症、デング熱、風しん~

今週の注目感染症 令和元年・ 43週(10月21日~10月27日)

◆インフルエンザ
42 週の定点当たり報告数は 0.44、41 週 133 人→42 週 85 人です。
2019/2020 シーズンに病原体定点等から寄せら れた検体よりインフルエンザウイルス A 型 (AH1pdm09 7 件)及び B 型(ビクトリア系統 1 件)が検出されています。
【参考ページ】
保健所別・定点医療機関当たりのインフルエンザ報告数マップ
>>詳細はこちら
疾患別ウイルス検出状況
>>詳細はこちら
インフルエンザ情報ポータルサイト(愛知県)
>>詳細はこちら

◆RS ウイルス感染症
42 週の定点当たり報告数は 1.29、41 週 374 人→42 週 234 人 で、2 歳未満(0 歳 91 人、1 歳 82 人)の報告数が全体の 73.9%を占めています。
【参考ページ】RS ウイルス感染症
>>詳細はこちら

◆デング熱
愛知県におけるデング熱の 2019 年 42 週(診断週)までの 累積報告数は 33 件、過去 5 年間の報告数は表のとおりで、全て輸入感染症例でした。
今般、東京都内において、海外渡航歴がないにもかかわらず、 デング熱を発症した患者が確認されました。
【参考ページ】デング熱の国内感染症例の発生について(厚生労働省)
>>詳細はこちら
蚊媒介感染症(厚生労働省)>>詳細はこちら
注意すべき蚊による感染症 >>詳細はこちら

◆風しん(10 月 23 日現在、診断日集計)
愛知県の 2019 年風しんの累積報告数は 53 件(うち 7 月 2 件、8 月 1 件、9 月 0 件、10 月 2 件)です。
愛知県の 2018 年風しんの総報告数は 118 件、2017 年総報告数は 3 件でした。全国の 2019 年 41 週(診断週)までの累積報告数は 2,228 件、2018 年総報告数は 2,946 件です(2017 年総報告数は 91 件)。
【参考ページ】本県における麻しん・風しん患者発生報告状況(2019)
>>詳細はこちら
麻しん・風しんの予防接種は 2 回受けましょう
>>詳細はこちら
風しん抗体検査とワクチン接種のお知らせ
>>詳細はこちら

◆学校・保育所等における感染症対策について
【参考ページ】感染症対策(文部科学省)
>>詳細はこちら
保育所における感染症対策ガイドライン(厚生労働省)
>>詳細はこちら

【愛知県感染症情報センターより参照】
(令和元年10月31日更新)

≪戻る