尾張旭市予防接種情報提供サービス

ロタ

【ロタウイルス感染症ってどんな病気?】
主に5歳未満の乳幼児に多くみられる急性胃腸炎の原因ウイルスです。主な症状は、下痢・嘔吐・発熱などで、ときに脱水、けいれん、肝機能異常、腎不全を、稀ですが急性脳症等を合併することがあります。年齢にかかわらず何度でも感染発病しますが、乳児期での初感染が最も重症で、その後感染を繰り返すにつれて軽症化していきます。

【公費対象期間】
ロタウイルスワクチンには2種類あり、それぞれの期間は次のとおりです。
ロタリックス:生後6週0日~24週0日
ロタテック:生後6週0日~32週0日

【標準的な接種方法】
ロタリックス:生後2か月以降に27日以上の間隔で2回接種(経口)
ロタテック:生後2か月以降に27日以上の間隔で3回接種(経口)
※1回目の接種は、生後14週6日までに受けてください。原則、1回目に接種したワクチンを最後まで接種してください。

≪戻る