尾張旭市予防接種情報提供サービス

2022 年 43 週 ~新型コロナウイルス感染症、梅毒~

2022年11月04日

今週の注目感染症
2022 年 43 週(10月 4週 10/24~10/30)

◆ 新型コロナウイルス感染症について【「厳重警戒」での感染防止対策】
 愛知県内における新型コロナウイルスの新規陽性者数は、減少傾向にあるものの、依然として高い水準となっており、今後、リバウンドにより感染が再拡大する恐れがあります。
 さらに、今冬に向け、新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行も懸念されるところです。
 現在、「『厳重警戒』での感染防止対策」が発出されています。
〇 県民・事業者の皆様へのメッセージ
>>詳細はこちら
〇 ハロウィンなど多数の人が集まる行事や秋の紅葉・行楽シーズンにおける感染防止対策の徹底について
>>詳細はこちら
愛知県での感染者(10 月 30 日報道発表日分まで)は、前週から 14,075 名増加し、累計は 1,414,381 名です。
 9 月 26 日に、新型コロナウイルス感染症の全数届出を見直しについて、全国一律で発生届の対象者を 65歳以上の方、入院を要する方等 4 類型に限定する、下記の省令が施行されました。
〇 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行規則の一部を改正する省令の施行について(9 月 22 日付け)
>>詳細はこちら
〇 With コロナの新たな段階への移行に向けた全数届出の見直しについて(10 月 5 日最終改正事務連絡)
>>詳細はこちら
【参考ページ】
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き(第 8.1 版、10 月 5 日改訂)
>>詳細はこちら
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き 別冊 罹患後症状のマネジメント(第 2.0 版、10 月 14 日改訂)
>>詳細はこちら
新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)
>>詳細はこちら

◆ 感染症発生動向調査事業実施要綱の一部改正について
 感染症サーベイランスシステムが更改されることに伴い、感染症発生動向調査事業実施要綱が改正されました(令和 4 年 10 月 19 日付け健発 1019 第 4 号)。

◆ 梅毒について
 愛知県の 2022 年 43 週までの累積報告数(診断週集計、11 月2 日現在)は 585 件(男 394 件、女 191 件)です。
2021 年 43 週までの累積報告数は 332 件(男 229 件、女 103 件)でした。
 全国の 43 週までの累積報告数は 10,465 件です (2021 年総報告数は 7,978 件)。

【参考ページ】
梅毒とは(国立感染症研究所)
>>詳細はこちら
日本の梅毒症例の動向について(国立感染症研究所)
>>詳細はこちら

【愛知県感染症情報センターより参照】
(2022年11月4日更新)

≪戻る